失敗しない営業代行の選び方!成功事例から見る選び方のポイントとは?

1. はじめに

この記事の目的は、営業代行についての基本的な理解を提供し、営業代行の利点と選び方について説明することです。

  1. 営業代行の基本的な説明
    記事の最初の部分では、営業代行の定義とその目的について説明されています。営業代行は、企業が自社で行う営業活動を外部の代行会社に依頼することを指し、その代行会社が営業業務を代行することで企業の売上向上や業績改善を支援します。さらに、営業代行の代表的な形態としてリードジェネレーション、テレマーケティング、セールスアウトソーシングが挙げられています。
  2. 営業代行の利点
    次に、営業代行を利用することによる利点について説明されています。
  • コスト削減: 営業代行を利用することで、自社で営業を行う場合に比べてコストを削減できます。
  • 専門的な知識と技術を持っている: 営業代行は営業に特化した専門的な知識や技術を持っており、効率的かつ高品質な営業活動を行うことができます。
  • 適切な営業戦略を立てる: 営業代行は多くの企業と取引してきた経験から適切な営業戦略を立てることができます。また、企業の強みや弱みを把握し、適切なアドバイスを提供することも可能です。
  • 時間の節約: 営業代行を利用することで自社の社員が本業に専念することができ、時間を節約できます。
  1. 失敗しない営業代行の選び方
    最後に、営業代行を選ぶ際のポイントについて説明されています。
  • 実績のある企業を選ぶ: 実績は営業代行企業を選ぶ上で重要な要素であり、過去の実績を調査することが必要です。また、業界や業種に特化した実績を持つ企業を選ぶことも重要です。
  • 企業の評判をチェックする: 口コミや評価サイトなどを通じて企業の評判を調べることが重要です。ただし、評判には注意が必要であり、複数の情報源から比較することが大切です。
  • 企業文化の適合性を確認する: 営業代行企業の文化と自社の文化が合致しているかを確認することも重要です。コミュニケーションや意思疎通の面での適合性を考慮することが求められます。

以上が、この記事を書く目的として含まれる内容です。

2. 営業代行とは?

(1) 営業代行の定義

営業代行とは、企業が自社で行う営業活動を、専門的な知識や経験を持つ外部の代行会社に依頼することを指します。
代行会社は、企業のニーズに合わせた営業戦略を立案し、顧客開拓や提案活動などの営業業務を代行することで、企業の売上向上や業績改善を支援します。

営業代行の代表的な形態として、リードジェネレーションやテレマーケティング、セールスアウトソーシングなどがあります。
リードジェネレーションは、興味を持った潜在顧客(リード)を発掘し、企業に紹介することで、新規顧客獲得を目指します。
テレマーケティングは、電話やメールなどのコミュニケーション手段を活用して、商品やサービスの提案を行い、契約締結を促します。
セールスアウトソーシングは、営業活動全般を代行する形態で、企業の営業力強化を目指します。

営業代行を利用することで、企業は自社のコスト削減やスキルアップにつながるメリットがあります。また、代行会社の専門的な知識やノウハウを活用することで、より効果的な営業活動が可能になります。
ただし、代行会社の選定や契約内容の確認が重要であるため、企業は慎重な選定を行う必要があります。

(2) 営業代行の利点

営業代行を利用することには、以下のような利点があります。

① コスト削減

自社で営業を行う場合に比べ、営業代行を利用することで営業にかかるコストを削減できます。自社で人員を雇用する必要がなくなり、費用対効果が高くなります。

② 専門的な知識と技術を持っている

営業代行は営業に特化した専門的な知識や技術を持っています。そのため、効率的かつ高品質な営業活動を行うことができます。

③ 適切な営業戦略を立てる

営業代行は、多くの企と取引してきた経験から、適切な営業戦略を立てることができます。また、企業の強みや弱みを把握し、適切なアドバイスを提供することも可能です。

④ 時間の節約

自社で営業を行う場合に比べ、営業代行を利用することで時間を節約できます。営業代行に任せることで、自社の社員が本業に専念することができます。

以上のように、営業代行を利用するとには多くの利点があります。
ただし、適切な営業代行を選ぶことが重要です。
実績や評判、契約条件などをしっかり確認し、長期的な視点で選ぶことがポイントです。

3. 失敗しない営業代行の選び方

(1) 実績のある企業を選ぶ

営業代行を選ぶ上で、実績は非常に重要です。
実績とはその企業がこれまでにどれだけの実績を残してきたのかということです。
つまり、過去の実績を元にその企業の営業力やノウハウを判断することができます。

実績を判断するためには、その企業が過去にどのような事業を手がけてきたか、どの程度の成果を出したかをチェックすることが必要です。
そのためには、その企業のホームページやパンフレット、営業担当者との面談などを通じて情報収集することが重要です。

また、実績を判断するためには、その企業が持つ資格や認証も参考にすることができます。
例えば、営業代行業界では「JADMA(日本DM協会)認定企業」という認証があり、この認証を持つ企業は営業代行業界でも信頼度が高いとされています。

さらに、実績をチェックする際には、その企業が手がけている業界や業種も注目することが必要です。例えば、自社が飲食業であれば、飲食業界に特化した営業代行を選ぶことで、より効果的な営業支援を受けることができます。

以上のように、実績は営業代行を選ぶ上で非常に重要な要素です。
過去の実績をしっかりと調べ、自社のニーズに合った実績豊富な営業代行企業を選ぶことが成功への近道となります。

(2) 企業の評判をチェックする

営業代行を選ぶ際には、その企業の評判をチェックすることが重要です。
特に、口コミや評価サイトなどでの評判は参考になるでしょう。

ただし、評判に関しては信憑性に注意が必要です。
業界競合他社による中傷や、業務内容や契約条件を理解していないクチコミもあるため、複数の情報源から比較することが大切です。

また、自社と同じ業界や類似業界での実績や評判がある営業代行を選ぶことも重要です。
同じ業界であれば、その業界の特性やニーズを理解している可能性が高く、素早い対応が期待できるでしょう。
また、類似業界であれば、異業種からのアプローチやアイデアが生まれるかもしれません。

さらに、営業代行の企業文化にも注意が必要です。自社と合わない企業文化を持つ営業代行を選んだ場合、コミュニケーションや意思疎通の面で問題が生じる可能性があります。
営業代行との良好な関係を築くためにも、企業文化の違いについても確認しておくことが重要です。

以上のように、営業代行を選ぶ際には複数の視点から企業の評判をチェックすることが大切です。

(3) 契約条件をしっかり確認する

営業代行と契約する際には、契約条件をしっかり確認することが重要です。
特に、以下の点については細心の注意を払う必要があります。

委任事項

営業代行に委任する務内容は、契約書に明確に記載されているか確認しましょう。また、どの程度の範囲で営業代行が業務を行うか、細かく定められているかも確認しておくと安心です。

契約期間

契約期間は、短期間のものから数年に及ぶものまで様々です。自社の営業戦略や予算に合わせて適切な契約期間を選びましょう。また、更新条件や解約に関する規定もよく確認しておくことが大切です。

報酬額・支払い条件

報酬額や支払い条件についても、契約書に明確に記載されているか確認しましょう。また、報酬の支払いタイミングや支払い方法についても確認しておくとトラブルを回避できます。

機密保持

営業代行には自社の機密情報を提供することがあります。その際には、機密保持についての規定も契約書に明記されているか確認しましょう。万が一、情報漏洩が起こった場合にどのような責任を負うのかも確認しておくと安心です。

以上のように、営業代行と契約する際には、契約条件をしっかり確認しておくことが大切。
契約書に記載されていない点や不明な点があった場合は、営業代行に確認するなどして、トラブルを未然に防ぎましょう。

ちなみに、登壇する以外の全てを”丸投げ”できるのが《まるなげセミナー》の魅力です。初期コストも不要です、ご興味あればコチラよりご相談ください。

4. 成功事例から見る選び方のポイント

(1) 成功事例1:業種に特化した営業代行を選ぶ

業種に特化した営業代行を選ぶことは、成功事例の中でも重要なポイントの一つです。
なぜなら、業種によっては商品やサービスの特性が異なり、顧客層や市場動向も異なるため、業界の専門知識を持った営業代行が必要になるからです。

例えば、医療業界では法律や規制によって、営業活動の制限が多く、業界特有の専門知識が求められます。
そのため、医療業界に特化した営業代行を選ぶことが望ましいです。
同様に、IT業界では技術的な知識が必要とされるため、IT業界専門の営業代行を選択することが成功の鍵となります。

特定の業種に特化した営業代行は、顧客とのコミュニケーションや営業戦略の立案においても有利です。
そのため、自社の業界に詳しい営業代行を選ぶことで、より効果的な営業活動を展開することができます。

ただし、業種に特化した営業代行を選ぶ場合でも、実績や評判、契約条件などをしっかり確認することが重要です。
業界の専門知識を持った営業代行であっても、実績が不足していたり、評判が悪い場合は選ばないほうがベターです。

(2) 成功事例2:企業文化が合う営業代行を選ぶ

企業文化が合う営業代行を選ぶことは、極めて重要です。
なぜなら、営業代行は企業の代表として顧客と接することになるため、企業文化の一致が信頼関係の構築につながるからです。

例えば、ある企業が顧客への対応において人情味を大切にしている場合、冷たい営業スタイルの代行企業を選んだ場合、顧客との信頼関係が損なわれる可能性があります。
逆に、企業の文化がクールで高度な技術力を求められる場合、フレンドリーな営業スタイルを求める代行企業を選んだ場合、企業イメージとの違和感が生じ、顧客からの信頼を得ることができません。

企業文化に合わせた営業代行を選ぶことで、顧客との信頼関係を築くことができます。
また、企業文化の一致は代行企業とのコミュニケーションにも影響を与えます。
企業文化に共感する代行企業とのコミュニケーションは円滑に進み、代行業務の効率化やクオリティの向上につながります。

したがって、企業文化に合わせた営業代行を選ぶことは、企業イメージの強化や顧客との信頼関係を築くために欠かせません。
代行企業との相性が良いかどうかを確認するために、接や体験などを行うことも必要です。

(3) 成功事例3:細やかな情報共有を重視する営業代行を選ぶ

営業代行を選ぶ際に、重要なポイントの一つが情報共有です。
情報共有がしっかりと行われることで、顧客との関係性を深め、効果的な営業活動ができます。
成功事例の一つとして、細やかな情報共有を重視する営業代行を選んだ企業があります。

ある化学メーカーは、海外市場の開拓に力を入れていました。
しかし、海外市場においては、言語や文化の違いなどからビジネスマナーも異なり、適切な情報共有が必要でした。
そこで、化学メーカーは業種に特化した営業代行を選び、細やかな情報共有を重視することで、海外市場においてもスムーズに営業活動を行うことができました。

このように、業種や市場に応じた情報共有が重要であり、営業代行を選ぶ際には、その能力を確認することが必要です。
また、情報共有に加えて、コミュニケーション能力も重要となります。
営業代行と顧客企業のコミュニケーションがスムーズに行われることで、情報共有もより円滑になります。

以上のように、営業代行を選ぶ際には、業種や市場に応じた情報共有能力やコミュニケーション能力を重視することが重要です。
顧客との関係性を深めるためにも、細やかな情報共有ができる営業代行を選ぶことが成功につながると言えます。

5. 営業代行の選び方で失敗しないために

(1) 予算を明確にしておく

営業代行を選ぶ際に、まずは予算を明確にしておくことが重要です。
予算によって選択できる営業代行の範囲が異なるため、企業の予算に見合った営業代行を見つけることが必要です。

営業代行の料金は、企によって異なります。
一般的には、固定報酬型、成果報酬型、リスクマネー型の3つに分かれています。
固定報酬型は、決められた期間内に営業を行う場合に支払われる報酬です。
成果報酬型は、実際の成果に応じた報酬です。
リスクマネー型は、事前に設定した成果を達成しなかった場合、報酬を支払わない方式です。

このように、料金体系は様々であり、予算に応じた選択が必要です。
また、営業代行の契約期間も予算に関係しています。
短期間での営業活動を希望する場合は、短期契約が必要です。

予算を明確にしておけば、無駄なコストをかけずに、適切な営業代行を選ぶことができます。
また、営業代行との交渉や契約時にも、予算を明確にしておくことで、スムーズに進めることができます。

以上のように、予算を明確にしておくことは、営業代行を選ぶ上で非常に重要なポイントです。
企業の予算と適切な営業代行を選ぶことで、コスト効率の良い営業活動を実現することができます。

(2) 営業代行とのコミュニケーションを密にする

営業代行とのコミュニケーションを密にすることは、成功するために非常に重要です。
その理由は、営業代行はあなたのビジネスを代表して、顧客との接触をすることになるためです。
コミュニケーションがうまくいかなければ、顧客との信頼関係を築くことができず、営業成果が上がらないことがあります。

ここでは、営業代行とのコミュニケーションを密にするためのポイントを紹介します。

  1. 定期的な打ち合わせを行う
    営業代行との定期的な打ち合わせは、コミュニケーションを密にするために非常に効果的です。打ち合わせの頻度は、プロジェクトの規模や進捗状況によって異なりますが、週に1回や2週間に1回程度が一般的です。
  2. 情報共有を徹底する
    営業代行はあなたのビジネスを代表して、顧客との接触をするため、情報共有が非常に重要です。営業代行には、ビジネスに関する情報や顧客の反応などを正確に伝える必要があります。また、営業代行からの情報も受け取り、適切なアドバスを行うことが大切です。
  3. コミュニケーションツールを活用する
    コミュニケーションツールを活用することで、営業代行とのコミュケーションをよりスムーズに行うことができます。例えば、メールやチャットツールを利用することで、いつでもどこでもコミュニケーションを取ることができます。

営業代行とのコミュニケーションを密にすることで、ビジネスの成功につなげることができます。
定期的な打ち合わせや情報共有、コミュニケーションツールの活用などを通じて、密なコミュニケーションを実現ましょう。

(3) 長期的な視点で選ぶ

営業代行を選ぶ上で重要なポイントの1つに、長期的な視点での選択が挙げられます。
営業代行との契約期間が短ければ、その期間中に十分な成果を上げることができなかった場合、再契約しなければならず、コストがかかってしまいます。
そのため、営業代行との長期的なパートナーシップを築くことが望ましいです。

まず、営業代行との契約期間に注目して選ぶことが必要です。
契約期間が1年以上であれば、営業代行との関係を長期的に築くことができます。
また、契約期間が長ければ、営業代行も長期的な戦略を考えることができます。
長期的な視点で営業代行と協力することで、より効果的な営業活動を行うことができます。

次に長期的な視点で選定する際には、営業代行の将来性や安定性に注目することが重要です。
営業代行が将来的にも継続的にビジネスを展開し続けることができるかどうか、過去の実績や企業の財務状況などを調べ、判断する必要があります。
また、営業代行の人材育成に力を入れているかどうかも重要なポイントの1つです。
営業代行の人材育成に力を入れ、常に最新の知識や技術を持ち続けている企業であれば、長期的な視点での協力がより実りあるものになるでしょう。

以上の点から、営業代行を選ぶ際には、長期的な視点で選択することが必要不可欠です。
営業代行との契約期間や将来性、人材育成などを考慮しながら、長期的なパートナーシップを築くことで、より効果的な営業活動を行うことができるでしょう。

なお「Zoomの使い方が分からない」「ウェビナーだけ開催したい」「どうせなら集客もお願いしたい」という方の場合は、弊社まるなげセミナーにご相談ください。

煩わしい設定や方法、使い方も全部”まるなげ”できますよ!

【実例紹介①】売上は開催費用の41倍超え! 高額商品がバンバン売れる最強の営業手法でした!

【実例紹介②】今までと違う顧客にアプローチできたNowYouSee株式会社様のケース

カテゴリ: