【集客で悩む税理士必見】今すぐ出来る5つのWEB施策と裏技的集客テクニック

集客で悩む税理士さんにとって、今すぐ活用できるホームページ集客テクニックがこちらです!

 

  1. SEO対策:
    • ホームページのコンテンツをキーワードに最適化し、検索エンジンで上位に表示されるようにします。
    • ブログを定期的に更新し、専門知識を共有することで、検索結果での露出を増やします。

  2. SNS・リスティング広告:
    • ソーシャルメディア(Facebook、LinkedInなど)でプロフィールを充実させ、専門知識を発信します。
    • Google広告やFacebook広告などのリスティング広告を活用し、ターゲット層にリーチします。

  3. ツイッター(現 X )やInstagramを使った情報発信:
    • ツイッターやInstagramで税務や財務に関するニュースやアドバイスをシェアし、フォロワーを増やします。
    • インスタグラムを使って、日常の仕事風景やクライアントとの成功ストーリーをシェアし、信頼性を高めます。

  4. YouTubeなどの動画配信:
    • YouTubeチャンネルを作成し、税務に関する短い解説動画やQ&Aセッションを行います。
    • 動画は視覚的で分かりやすく、信頼を築くのに役立ちます。

  5. ウェビナー:
    • ウェビナーを開催して、税務に関する重要なトピックを詳しく解説し、参加者からの質問に答えます。
    • ウェビナーはリード獲得や専門知識の共有に最適で、信頼性を高め、新規クライアントを獲得するのに役立ちます。

これらの方法を組み合わせて、税理士のホームページ集客を効果的に行うことができます。

 

本記事では、即効性のある税理士のホームページ集客方法について具体的に解説しています。

 

【合わせて読みたい▶】最新営業手法のメリット・デメリットを紹介!数字でわかる最新営業手法の魅力

【合わせて読みたい▶】個人のための集客代行サービスの選び方と代行会社比較!

 

税理士のWEB集客で悩んでいるなら!認知度向上と差別化の秘訣

 

なぜ集客が難しいのか、ユーザーの視点から考よう!

現代のデジタル時代において、税理士にとってWEB集客は極めて重要です。しかし、多くの税理士が直面する課題の一つは、

 

認知度の低さ、サービス内容の分かりづらさ、他社との差別化の難しさです。

 

この記事では、これらの課題の具体的な原因と、なぜ依頼するユーザーが躊躇するのか、そのシチュエーション例と理由について詳しく解説します。

 

1. 認知度の低さの原因

シチュエーション例:
ユーザーAは新しい税理士を探しており、ネットで検索を開始しました。しかし、税理士Bのホームページを見つけたとき、彼の名前や評判を全く知りませんでした。その結果、ユーザーAは他の知名度の高い税理士に依頼を躊躇しました。
原因:

税理士がオンラインでのプロモーションに力を入れていないか、訴求内容が間違っていることが原因です。

 

リスティング広告やチラシ、SNSでの情報発信など適切なプロモーションが行われないと、潜在的なクライアントに自身の存在を知らせる機会を逃すことになります。

 

2. サービス内容の分かりづらさの原因

シチュエーション例:
ユーザーBは税務相談を検討しています。税理士Cのホームページにアクセスしましたが、提供されているサービス内容が専門用語ばかりで、分かりにくかったため、ユーザーBは選択肢を再考しました。

原因:

サービス内容やアプローチを分かりやすく伝えるための努力が足りないことがあります。

 

専門用語や複雑な説明がクライアントにとって理解しにくく、信頼性に影響を及ぼす可能性があります。

 

またユーザー視点に立った時に「この問題を解決してくれるの?」という疑問を解消できなければ、ホームページから新規顧客を獲得するのは難しいでしょう。

 

3. 他社との差別化の難しさの原因

シチュエーション例:
ユーザーCは税理士Dのホームページを訪れましたが、競合税理士Eのサイトと大きな違いを感じませんでした。どちらも同じようなサービスを提供しているように見え、ユーザーCはどちらを選ぶべきか悩んでいます。

原因:

自身の独自のスタイル、アプローチ、強みを明確に伝えていないことが、他社との差別化を難しくしています。

 

クライアントになぜあなたを選ぶべきかを説明せず、迷いを生じさせています。

 

税に詳しくないユーザーにとって、税理士を選ぶ要素は「自分の問題を解決してくれるかどうか」だけです。

どの分野が強いのか、過去の成功事例などをホームページなどに掲載し、特定のユーザーに対する訴求力をアップさせるべきでしょう。

 

ユーザー視点で考える、5つのWEB戦略が効果的な理由

税理士のホームページが「認知度が低い」「サービス内容が分かりづらい」「他社との差別化が分かりづらい」状況に直面することはよくありますが、幸いにもこれらの課題を解決するためのWEB戦略が存在します。

 

本記事では、ユーザー視点で考え、なぜSEO対策、SNS・リスティング広告、ツイッターやInstagramを使った情報発信、YouTubeなどの動画配信、ウェビナーが効果的なのか、その理由を詳しく解説します。

 

1. 認知度が低い課題への対策:SEO対策

ユーザー視点の理由:
  • 検索エンジンでの上位表示により、ユーザーが税理士を見つけやすくなります。検索結果の中でトップに表示されることで、信頼性が高まります。
  • ユーザーは一般的に、検索結果の上位に表示されたサイトを信頼し、クリックしやすくなります。したがって、認知度が低い税理士でも検索エンジンを通じて多くのユーザーにアクセスできます。

ブログは税理士が専門知識を共有し、ユーザーに価値を提供できるプラットフォームです。

 

また、定期的なブログ投稿はウェブサイトの新鮮性を保ち、検索エンジンランキング向上に寄与します。

 

特にサイト内の成功事例はアナタの実績を証明し、税理士の信頼性を高めます。クライアントの体験談を共有することで、ユーザーは税理士の能力を評価しやすくなります。

 

2. サービス内容が分かりづらい課題への対策:SNS・リスティング広告

ユーザー視点の理由:
  • ソーシャルメディアやリスティング広告を利用することで、税理士は自身のサービス内容を短いメッセージや魅力的な広告を通じて分かりやすく伝える機会を持ちます。
  • ユーザーは日常的にソーシャルメディアを利用しており、そこで税理士の情報に接触する可能性が高いです。リスティング広告も検索結果に目立つ広告を表示するため、サービス内容の伝達に役立ちます。

SNSプラットフォームは、多くのユーザーが日常的に利用する場所です。税理士はSNS・リスティング広告を通じて、幅広いユーザー層に自社をアピールすることができるようになります。

 

またSNS・リスティング広告は、特定のターゲット層に広告を表示できるため、効果的なターゲティングが可能です。
地域、年齢、関心事などに基づいて広告をカスタマイズできるため、アナタが欲しい顧客を獲得しやすくなるでしょう。

 

3. 他社との差別化が分かりづらい課題への対策:ツイッターやInstagramを使った情報発信

ユーザー視点の理由:
  • ソーシャルメディアでの情報発信は、税理士が自身の専門知識やスタイルをアピールするためのプラットフォームです。他社との差別化を実現するために、個性的なコンテンツや専門知識を共有できます。
  • ユーザーは税理士の人格やスタイルに興味を持ち、信頼感を築く際にソーシャルメディアが役立ちます。

ソーシャルメディアを通じて、税理士は自分の人間性や趣味、関心事を共有できます。

これにより、クライアントは税理士をより個人的に理解し、信頼感を持ちやすくなります。

またツイッターやInstagramなどのソーシャルメディアを通じて、税理士は専門知識を披露できます。

実例やケーススタディを「つぶやき」や「リール動画」などで共有することで、クライアントは税理士の実力を評価しやすくなり、新規顧客獲得に繋がりやすくなります。

 

4. 他社との差別化が分かりづらい課題への対策:YouTubeなどの動画配信

ユーザー視点の理由:
  • 動画は視覚的で分かりやすく、税理士のサービス内容やアプローチを生き生きと伝えることができます。これにより、他社との差別化が容易になります。
  • ユーザーは動画を視聴することで、税理士の専門知識やプロフェッショナリズムを評価し、信頼感を築くことができます。

税理士が他社との差別化を図り、クライアントの信頼を勝ち取るために、専門的な情報を効果的に伝える方法が求められています。

 

YouTubeなどの動画配信プラットフォームを活用し、ケーススタディを配信することは、税理士にとって強力なツールとなります。

 

特にInstagramやYou Tubeの動画はテキストや静止画に比べて情報を視覚的に伝える能力に優れています。

税理士が具体的な事例や課題をビデオで説明することで、クライアントは情報をより理解しやすく、信頼性を感じやすくなります。

 

5. 認知度の低さ・他社との差別化の課題への対策:ウェビナー

ユーザー視点の理由:
  • ウェビナーは、税理士が専門知識を提供し、直接的にユーザーと対話する場です。ユーザーはウェビナーを通じて税理士の信頼性を高め、認知度を向上させることができます。
  • ウェビナーに参加するユーザーは、専門知識を学びたいと考えており、その後のクライアントとしての関係構築につながる可能性が高いです。

代のビジネス環境では、税理士や専門家が認知度を高め、他社との差別化を図ることが極めて重要です。

 

ウェビナー(ウェブセミナー)は、自社のアピール、専門知識の提供、顧客との関係性の強化において、驚くほど強力なツールとして脚光を浴びています。

 

ウェビナーは税理士がリアルタイムで顧客とコミュニケーションをとる場です。税理士は自社の価値提供や独自性を直接伝え、顧客の関心を引きやすくなるだけでなく、ウェビナーを通じて、税理士は専門知識を提供ももちろん可能です。

 

特に「確定申告」や「インボイス」「節税」などの特定のトピックや課題に焦点を当て、クライアントに価値ある情報を提供し、ウェビナー後に無料の個別相談会などを行うことで、そのまま商談・クロージングにつなげることも出来ます。

【関連記事】ウェビナーとは?その意味と参加・企画者の不安を解消!!

 

「今すぐ集客したい」そんな時には集客代行が効果的です!

WEB施策の効果がすぐに出にくい理由とは?

税理士がオンラインでの認知度向上やサービス内容の明確化、他社との差別化を図るために、SEO対策、SNS広告、情報発信、動画配信などの戦略を取ることは魅力的です。

 

しかし、これらの戦略がすぐに効果を発揮しづらい原因とその理由を詳しく理解しましょう。また、それにかかる時間も具体的に示します。

 

効果が出にくい原因とその理由

1. 税理士同士の競争の激化:

税理士業界は競争が激化しており、多くのプロフェッショナルが同じ戦略を採用しています。競争相手が多い場合、上位表示されるのは難しいです。

 

どうしても類似のキーワードやターゲット市場を競合相手とシェアすることになるためSEOの上位表示のための工数や広告のクリック率(1クリックあたりの単価など)も高いという問題を抱えています。

 

2.時間とコンスタントな投資が必要:

オンラインでの成功はオフラインの営業活動などに比べると時間とコンスタントな投資は決して多くはありません。

 

しかし、毎日ブログやSNS、You Tube動画などを継続的に実施する必要があり、それは特に独立したばかりの税理士には不向きです。

 

また、それぞれの施策は新しいコンテンツがユーザーに認知されるまでには数週間かかることがあり、労力の割に得られる効果が薄いこともあります。

 

ただし、SNS・リスティング広告はお金はかかりますがその日のうちに決められたコスト内で配信が可能なので、タイパ・コスパのバランスを考えて利用しましょう。

 

3. コンテンツの質と一貫性:

クオリティの高いコンテンツを提供することが難しく、一貫性を保つことが挑戦です。

 

ユーザーは価値ある情報を求め、コンスタントな提供を期待しますし、コンテンツの品質が低い場合、読者や視聴者は関心を持たず、競合他社に目を向けるリスクが高まります。

 

税理士の成功への近道:集客代行の利用がおすすめな理由

税理士が認知度向上や新規顧客獲得、他社との差別化を図ることは重要ですが、自力でこれらの課題を解決するのは難しい場合があります。

 

その際、集客代行を利用することは、多くのメリットがあります。この記事では、なぜ集客代行がおすすめなのか、その具体的な理由を解説します。

 

【合わせて読みたい▶】セミナー集客代行サイト7つのメリット・デメリット・費用相場を解説

【合わせて読みたい▶】リード獲得代行会社比較6社 コスパ・タイパ◎な使い方は?

 

新規顧客のスピードが早い

  1. 専門知識とネットワーク:
    集客代行は、専門知識と幅広いネットワークを持つプロフェッショナルです。彼らの知識と営業力を活用することで、新規顧客の獲得スピードが格段に早まります。

  2. 広告キャンペーンの最適化:
    代行会社は広告キャンペーンの最適化に長けており、迅速かつ効果的な戦略を展開できます。これにより、迅速な成果を期待できます。

作業に集中できる

  1. 業務効率の向上:
    集客代行に作業を任せることで、税理士は専門業務に専念できます。時間と労力を営業やマーケティングに費やす必要がなくなり、業務効率が向上します。

  2. 専門性の活用:
    税理士は専門知識を活かし、クライアントに最高のサービスを提供できます。代行に集客を任せることで、専門性を最大限に発揮できます。

コンテンツ作成の負担軽減

  1. クオリティの高いコンテンツ:
    集客代行はコンテンツ作成に熟練したライターやクリエイターを活用します。これにより、クオリティの高いコンテンツを提供できます。

  2. 時間と労力の節約:
    コンテンツ作成には時間と労力がかかります。代行に依頼することで、税理士はこれらの負担から解放され、他の業務に専念できます。

 

集客代行を利用することは、税理士にとって効果的な選択肢であり、成功への近道です。

プロのサポートを受け、新規顧客の獲得を加速し、業務の専門性を最大限に活用できます。

 

集客で悩んでいる税理士さんには、まるなげセミナーがおすすめ!

「なるべくタイパ・コスパに優れた集客を行いたい」という悩みを抱えていませんか?

 

そんなアナタにこそ、まるなげセミナーがおすすめです!

 

コスパとタイミングに優れた新規顧客獲得を行う”まるなげセミナー”は、ウェビナーの企画から集客までトータルサポート!

 

アナタもまるなげセミナーを利用して、効果的な新規顧客獲得に、ぜひ挑戦してみてください。

 

【実例紹介①】売上は開催費用の41倍超え! 高額商品がバンバン売れる最強の営業手法でした!

【実例紹介②】今までと違う顧客にアプローチできたNowYouSee株式会社様のケース

カテゴリ:
3,000円見込顧客をGET! 新規開拓でお困りの方はご相談下さい